親の反対を押し切って

高校卒業後に川崎から引越しをして他県で一人暮らししました。 親の反対を押し切って決めたことなので、なるべく親に負担はかけまいと、 親が提示してくれた月に5万という金額を断り、 月に1万にしてもらい、その1万も使わずに貯金していました。 でも、短大だったので授業数が多く、十分なアルバイトは出来ませんでした。

なので、とにかく節約することで出費を抑えようと思い、 とにかく食費を削りました。 削るといっても、身体を壊してしまうと余計にお金がかかってしまうので、 きちんと食事は3食とりました。 食料品が安いスーパーが自転車で30分かかるところにあり、 週末は往復1時間かけて買い物に行きました。 その際も、お菓子やジュースは買わずに特売品や見切り品ばかりを買っていました。 お弁当も毎日作り、月々の食費は5千円を切ることもありました。

また電気代もばかにならないので、なるべくテレビは見ずに、 図書館で借りた本を読んで過ごしていました。 最初は節約の為に始めたことです、現在読書が一番の趣味になっているので良かったと思います。 そして、洗濯もなるべくまとめるようにし、 下着などはお風呂で手洗いすることもありました。

そんな中、当時付き合っていた現在の主人が時々他県から遊びに来てくれ、 外食に連れて行ってくれたり、甘い物を買ってくれることが一番の楽しみでした。 主人の存在が無ければ、一人暮らしを頑張ることは出来なかったと思います。 そして、親の反対を押し切って家を出たことに罪悪感がありましたが、 一人暮らししたことで、親への感謝の気持ちを再確認できたので、 結果的には良い経験をしたと思っています。一人暮らし引っ越し.com

便秘にならないためには体を動かすのが一番です

便秘で悩んでいる方は大抵昔からずっとという方が多く、一時的な便秘で悩む方の方が少ないくらいです。 便秘気味の人が便通が良くなるときというのは、通常時よりも体をよく動かした時が多いのではないでしょうか。

例えばマラソン大会の翌日や、ライブに行った翌日、外で一日中歩き回った翌日などはスッキリとする方が多いものです。 体質のせいで常に便秘に悩まされている方でも、こうして体を動かすことで腸の働きを良くすることができます。

しかし常に薬などに頼っていると腸の働きは以前よりも悪くなってしまうため、便秘解消の根本的解決にはなりません。 出ないからスッキリしたいと考えるのは当然のことですが、だからと言って毎回薬の力を頼ると自力での排便が困難になるのです。腸内環境を整えるには

最も手軽でお金もかからない方法は、やはり体を動かすことに勝るものはないでしょう。
また、デスクワークばかりの方は体を動かす仕事をしている人と比べて当然便秘になりやすいです。 これは運動不足のせいで体の筋肉が落ち、筋肉が落ちることで代謝も落ちてしまうからなんですね。

筋肉がある身体は運動により作られますし、運動をすれば便秘にもなりません。 代謝も上がり体重も落ちやすくなっていき、お肌もキレイになるので良いことずくめです。 だからこそ、空いた時間に少しでも体を動かす習慣を作ることこそが便秘や肥満を防止する上で大切なことなのです。

ストレス解消は便秘対策になる

ストレスが溜まっている方は、便秘になりやすいといわれます。 自律神経が乱れると血流が悪くなり、腸内環境が悪くなるのが原因です。 アンケートによると、主婦の人がストレスが多いと聞きます。腸内環境を整えるには

最近、共働きも増えてきて仕事と育児を両立させるのもたいへんになってきました。更年期の時期に入ると、もっとストレスが増えます。 女性ホルモンのバランスが崩れて、体に不快な症状がでてくるからです。 めまいや動悸、頭痛、胃炎、生理不順など若いときには考えられなかったつらい思いをしている方もいます。

更年期に上手にストレス解消を、している方もいます。 それは、仲間と趣味を楽しんでいる女性です。 一人でも趣味はできますが、友人と話をすることでいい効果があるようです。

私も、音楽が好きでライブに時々行きます。 地方のライブでは、オフ会に参加したりグルメを楽しんだりしています。 笑顔いっぱいになれる時間を、持つことができています。

去年は、博多に行きました。 博多ラーメンや、牛肉の料理を食べました。 旅行中に便秘にならなかったのは、ホテルの朝食のバイキングだと思います。 野菜サラダの量がすごく多いのです。 ドレッシングも何種類かあるし、青汁も飲み放題です。 思いっきり笑って、美味しいものを食べると元気がでます。

川の近くのマンションで一人暮らし

私が一人暮らしをしていた場所は、川の近くの静かな住宅地でした。 夜になると物音一つ無いところで、凄く過ごしやすかったです。しかし、ご近所付き合いもなく少し寂しくもありました。マンションの住人の方には積極的に挨拶をしていましたが、返事が無い時もあり都会の暮しはこんなものかとガッカリしたものです。

そんな時に、新しく引っ越して来た方が挨拶に来られました。関わりを持たないように暮らしている人たちが多い中、とても珍しい事でした。コミュニケーション不足を不満に思っていた私は、その場でその方と仲良くなり、何時の間にか頻繁に家を行き来するようになりました。当時の私は20代前半でその方は50代のおばさんだったので、お友達と言うよりは母と娘のような関係ではありましたが、近くに知り合いがいるだけで心強かったものです。

そんな関係が長らく続いたある日、大型の台風が直撃し近くの川が氾濫しかけるという事態が起こりました。静かな町内は避難を促す放送を流す車が走り回り、 川からは地響きのような轟音が響き一時そう然となりました。私はこんな非常時を体験した事が無かったですし、避難をするにも外に出るのが怖く一人で部屋の中をオロオロと歩き回る事しか出来ませんでした。

すると、仲良くなったおばさんが私の部屋に避難所へ行こうと誘いに来てくれたのです。こんな時は、二人いれば心強いものですね。私はおばさんに手伝ってもらい簡単に荷造りをし、無事に避難所へ行く事が出来ました。あの時、本当に一人ぼっちなら絶対に避難なんて出来ていなかったです。

孤立しがちな一人暮らしですが、関わりを持つことを面倒がらずにいて良かったと思います。本当に救われた気持ちでいっぱいになった体験となりました。

中野区で一人暮らしをしていたことがあります

私の一人暮らし歴は10年くらいで、そのうち引っ越したのは3回ほどです。結婚をして、その後も転勤などで引越しを繰り返しています。

今となっては一人暮らしの時代を懐かしく思い出すことがあります。

中野に2年ほど住んでいたことがあります。JR中野駅北口から徒歩10分のところにあるアパートの2階に住んでいました。

特にオシャレな部屋ではなかったけど、広くて女性専用ということで決めました。

中野は電車やバスのアクセスがよく、現在も住みたい街としても選ばれている人気がある地域です。

賃貸物件は色々ありますが、一人暮らし向けの物件が多くあります。

また中野はオタクの聖地として有名です。マニアックなお店も沢山集まっています。

また芸能人も沢山住んでいるので見かけることも多くありました。このように中野は色々な人や文化が混じった面白い街です。

飲み屋や飲食店も多くあります。

また中野と言えばラーメンの激戦区としても注目されていました。人気ラーメン店がいくつもあり、行列ができることもよくありました。

飲食店と安いスーパーや八百屋が沢山あったので一人暮らしでもとても便利で住みやすかったです。

一人暮らしを始めようと考えている人には、中野をオススメします。

中野は、学校や企業、公共施設が沢山あるので多くの人が集まってきます。

そのため中野には一人暮らしからファミリーまで幅広い人が住んでいます。

中野も中野駅周辺は時代と共に進化し続けています。

ガラリと変わった所もありますが、全然変わっていないお店や風景が沢山残っているのでほっとします。

いつまでも魅力のある街であって欲しいと思います。

豊島区での一人暮らしの経験について

私は宮崎県の田舎で生まれ育ち、南国宮崎の暖かい気候と宮崎の大自然に囲まれながら高校生時代までを宮崎県で過ごしました。

私は東京の大学に2浪して合格したのを機に東京に上京し、そして豊島区の大塚という場所に安い賃貸アパートを借りて一人暮らしの準備を整わせ、そして東京での大学生活をスタートさせたのです。

豊島区という場所は私にとって何も分からない前知識も無い場所でしたが、豊島区の池袋は宮崎県の田舎生まれの私にとって当然典型的な「東京の大都市」で未だに池袋に出る時にはびびってしまう部分がありますが、私が住む大塚はそれ程物凄い東京の都会という雰囲気があるかと言うと、どちらかと言うとかなり都会的でありながら、「イモっぽさ」も残した歓楽街が在るなどしている街で、私はとてもこの豊島区の大塚という街が気に入っています。

私は豊島区に住民票を移し、一人暮らしを豊島区で始めた私は豊島区の区役所に各種手続きをする為に池袋にある豊島区役所を何度も訪れましたが、この豊島区の豊島区役所もかなり老朽化の激しい年季の入った建物でそんな所も私が豊島区を好きな理由の一つです。

豊島区にある豊島区役所は池袋駅の東口を下りて首都高速道路の方向に歩いてゆくと徒歩5分ほどの場所に忽然と姿を現します。

初めて行った時はあまりの古さにしばらく豊島区役所の建物を眺めてしまいました。

そんな豊島区ですが、私は池袋もびびってしまいながらも結構池袋では外食などを楽しんだりしています。

特に池袋は美味しいラーメン屋さんが多く重宝しています。

豊島区は全体的な印象として「美味しい外食店が多いなあ」と私は感じています。

一人暮らしの男性には持って来いの区が豊島区ですね。

実際私も一人暮らしをしていて何度も豊島区の安い外食店には助けられています。

これから一人暮らしを東京でする事を考えている皆さんに豊島区はぜひおすすめの街として紹介できます。

一人暮らしはスタートさせるまでは怖い気持ちや不安などもあるかと思いますが、えいやっと一人暮らしをしてしまえばもう怖さや不安どころでは無くなり、日々の一人暮らしの生活に追われるだけになりますので大丈夫です。